BACK HOME
★ ロックバンド「まっしゅ」について

「まっしゅ」は93年12月に 知的障害を持った働く青年の余暇活動として始まりました。

きっかけとなったのは 神戸で十数年にわたって演奏活動を行っている楽団「あぶあぶ」との出会いがもとでであったように思います。

 94年7月には スウェーデンのプロバンド「EKO」(エコー)と島根県民会館大ホールにて共演、多くの方々に感動と共感を与えました。

またこの共演をきっかけにバンドのスタイルが確立したように思います。

 95年2月には阪神・淡路大震災福祉関係施設復興支援チャリティーコンサート「ROCK AID 神戸」を主催し 微力ながら貢献出来たように思います。

 96年7月には「ROCK WAVE 96」を開催、この時にスウェーデン公演について初めて公表しました。

その他「しまね年輪ピック95子供フェスティバル」「しまねゆうあい文化祭」等各福祉関連イベント、チャリティーコンサートに参加し、積極的に演奏活動を行っています。

 97年2月にはスウェーデンを訪問、ナッカ市、ストックホルム市の二所で公演。

地元の方々やハンディを持たれた方々と交流を深めることができ、多くの感動を胸に帰国しました。

「まっしゅ」は何かとボランティアグループと言われます。

何と言われてもかまわないのですが、できれば音楽好きな者が集まって音楽を楽しんでいる、でも 真剣にハンディを持った人たちに 近付きたいと願い、コッミュニケーションの手段としての音楽を通じて様々な人たちと 知り合いになりたいと心から願っています。

単なるバンドと理解してもらえばと考えています。

 これからも もっと格好良く 素敵な 目立つステージもやりたいと考えています。

そして 多くの夢や希望をこれからも際限なく求めていきます。

 今後とも ご支援を 賜りますようお願い申しあげます。

 97.2.20   「まっしゅ」代表 斉藤文章

9月20日 島根県八束郡東出雲町の揖屋小学校で「まっしゅ」のコンサートが開かれました。

 今回は 小学校の生徒のみなさんと交流が目的でした。
授業の一環としての音楽鑑賞ということで後で感想文なども生徒のみなさんが書いてくれました。



「山陰夢みなと博」輝きステージでの「エコーとっとり」のみなさんとの競演